【比較】チャレンジタッチとスマイルゼミ料金はどちらがお得?タブレット学習にかかる費用

チャレンジ進研ゼミ

プログラミング学習や英語学習の低年齢化により、タブレット家庭学習に興味を持つ方が増えました。
しかし料金がどれくらいかかるかという疑問がでてきます。

今回は、大手タブレット通信教育社であるチャレンジタッチスマイルゼミにフォーカスして考えていきたいと思います。
一体、料金はどのくらいかかるのでしょうか?
チャレンジタッチとスマイルゼミの料金を比較して、どちらがお得か検証してみたいと思います。

しろねこまる
しろねこまる

結論から言いますと、月にかかる受講費ほぼ同じです。
タブレット代金がかかるか否かで料金に差が出ました。

チャレンジタッチとスマイルゼミの料金比較

チャレンジタッチ受講費

チャレンジタッチ受講費(12ヶ月一括払い)
  • 1年生 2,980円
  • 2年生 2,980円
  • 3年生 3,740円
  • 4年生 4,430円
  • 5年生 5,320円
  • 6年生 5,730円

メインレッスンのほかに演習・発展問題がありますが、追加受講費はかかりません
入会時のチャレンジタッチのタブレット代金はかかりません
ただし、6ヶ月未満での退会・学習スタイル変更の場合は9,900円を請求されます。

半年未満で退会すると9,900円請求されちゃうのね。
お試し気分では申し込めないのかしら。

しろねこまる
しろねこまる

「タブレット返却が条件で1か月のお試し受講」のキャンペーンを行っていることがあります。
詳しくは→進研ゼミ小学講座公式HPをご覧下さい。

スマイルゼミ会費

スマイルゼミ会費(12ヶ月一括払い)
  • 標準クラス
  • 1年生 2,980円
  • 2年生 3,200円
  • 3年生 3,800円
  • 4年生 4,400円
  • 5年生 5,200円
  • 6年生 5,700円
  • 発展クラス
  • 1年生 3,480円
  • 2年生 4,000円
  • 3年生 4,700円
  • 4年生 5,300円
  • 5年生 6,100円
  • 6年生 6,600円

スマイルゼミは標準クラス発展クラス会費が異なります
また、スマイルゼミ専用タブレット代は入会時に9,980円かかります。
また6ヶ月以上12ヶ月未満で退会した場合はタブレット代金6980円を請求され、6ヶ月未満で退会の場合はタブレット代金2万9820円を請求されます。

チャレンジタッチ・スマイルゼミ料金考察

標準クラスであればチャレンジタッチ、スマイルゼミどちらを選んでも月額はほとんど変わりません
発展問題を希望の場合チャレンジタッチは追加費用がかかりませんが、スマイルゼミは会費が高くなります。
また入会時にチャレンジタッチタブレット代がかからないのに対し、スマイルゼミ9,980円請求されます。
またどちらも、早くに退会する場合はタブレット代金をさらに請求されますので、注意が必要です。

しろねこまる
しろねこまる

チャレンジタッチは、発展問題も入会時のタブレット代も無料です。
単純な料金比較だと、チャレンジタッチに軍配が上がりますね。

単純な料金比較だけでなく、中身も気になりますよね。
次はそれぞれの教材を比較してみましょう。

チャレンジタッチとスマイルゼミの教材

チャレンジタッチ教材

チャレンジタッチ配信教材
  • 1年生
    国語・算数
  • 2年生
    国語・算数
  • 3年生
    国語・算数・理科・社会
  • 4年生
    国語・算数・理科・社会
  • 5年生
    国語・算数・理科・社会・英語
  • 6年生
    国語・算数・理科・社会・英語


    ※1年生~ チャレンジイングリッシュ・プログラミングアプリ

チャレンジタッチは、
1~2年生は国語・算数。
3~4年生は+理科・社会。
5~6年生はさらに英語がプラスされます。

低学年のうちから英語やプログラミングも勉強を始めておきたいのに…

しろねこまる
しろねこまる

5年生で英語が教科化されると、教科書に沿った内容が毎月配信されます。
しかし、1年生からチャレンジイングリッシュというアプリで英語に取り組むことができますよ。しかも、かなり本格的な内容です。
プログラミングのアプリも1年生から使えますので安心してください。

チャレンジイングリッシュという英語学習アプリが1年生から使うことができます。
こちらは学年単位ではなく、自分のレベルに合ったところから学習することができます。
教材内容も本格的で「聞く」「話す」「読む」「書く」英語の4技能と、単語・文法などのレッスンを学習していきます。
12段階の中から自分のレベルを設定し、学習に取り組みます。
1つのレベルの中に240レッスンが用意されているので、アプリといえど本格的な内容となっています。
学年に関係なく自分のレベルで勉強できるのが利点ですね。

詳しくはこちらの記事で説明していますので、ご参照下さい↓

スマイルゼミ教材

スマイルゼミ配信教材
  • 1年生
    国語・算数・英語・プログラミング
  • 2年生
    国語・算数・英語・プログラミング
  • 3年生
    国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング
  • 4年生
    国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング
  • 5年生
    国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング
  • 6年生
    国語・算数・英語・理科・社会・プログラミング

スマイルゼミは、1年生から英語とプログラミングが毎月配信されます。
他の教科と同じように取り組め、学習計画が立てやすいのが利点だと思います。
自分の学年に合った内容が届くのも、安心ですね。

チャレンジタッチとスマイルゼミの教材考察

毎月の配信教材と考えると、スマイルゼミは1年生から英語・プログラミングがあり、1~2年生でも4教科の配信となっています。
対してチャレンジタッチは、2年生までは国語・算数の2教科配信となっています。
一見するとスマイルゼミに軍配が上がるところですが、チャレンジタッチは英語とプログラミングがアプリ化されており、1年生から利用できます。
そのことから、教材の種類はチャレンジタッチ、スマイルゼミともにほぼ同じと考えて良いと思います。

しろねこまる
しろねこまる

教材の種類はほぼ同じですが、教材内容は各社こだわりがあります。
長くなりますので今回はお話しませんが、各社HPにて参考にしてくださいね。

進研ゼミ小学講座公式HP

スマイルゼミ小学生向け通信教育公式HP

チャレンジタッチとスマイルゼミの料金まとめ

  • 配信される教科はほぼ同じ
  • 毎月の会費はほぼ同額
  • チャレンジタッチは入会時にタブレット代が無料
  • スマイルゼミは入会時にタブレット代が9980円かかる

単純な料金比較であればチャレンジタッチの方がお得であるという結果になりました。

ただし、教材内容は各社それぞれこだわりがあります。
金額の面も考慮しつつ、自分に合ったタブレット教材を申し込むことをお勧めします。

チャレンジタッチをお考えの方はキャンペーン内容をまとめてあります

【2020年9月】チャレンジの最新キャンペーン内容が豪華!二児の母が紹介

この記事が皆さんのお役に立てればと立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました