【小学生のマナー】初めてお友達の家に遊びに行くときに気を付けたい5つのこと

育児
しろ
しろ

こんにちは、しろです。


今回の話題は

小学生の子どもが初めてお友達の家に遊びに行くという話題です。

子育てをしていると、いつか必ず子どもがお友達と遊ぶ日はやってきます。

小学校でお友達と

今日遊べる?

うん。うちに来る?

今も昔もほほえましい光景は変わりません。

しかし、当時は私たちも子どもでした。
あの頃は何も考えることはありませんでした。

親となった今、子どもが初めて遊ぶ約束をしてきたら慌ててしまうのではないでしょうか。

こちらの記事では、小学生が初めてお友達の家にお邪魔するとき最低限のマナーをお話したいと思います。

子どもが初めてお友達の家にお邪魔することになったときに慌てることのないよう事前準備しておきましょう。

こちらの記事を読むと
  • お友達のお家にお邪魔するときのマナーが分かる
  • 子どもに教えておくべきことが分かる
  • 万が一トラブルになったときに相手との関係悪化を防げる

小学生のマナーと安全

マナーの根底にある2つの大事なこと

  • 子どもの安全
  • 先方に迷惑を掛けないこと

この2つのことを守るためにマナーが存在していることを忘れないようにしましょう。

特に安全面として守るべきことは、家庭内での約束として事前に子どもとしっかり話し合っておくことが大切です。

そして、先方にご迷惑を掛けないようにすることも大事です。
正直な話、小学生の子どもが家に遊びに来ると部屋も汚れますし、相手をするのもけっこう大変です。
少しでも先方の負担を減らせるよう、最低限のマナーは教えておきたいですね。

マナーを守ること=自分の子どもを守ること

しかし、いくら気を付けていても失敗してしまうことはあります。
子どもがご迷惑を掛けてしまったとしても、親が礼儀をきちんとわきまえているとその後の関係も良好に進みます。

子どもの行動=親の行動=その家庭のイメージ

となりますので、親しき中にも礼儀ありの姿勢を忘れないようにしましょう。
特に初見はイメージに残りやすいので、普段以上にしっかりとした対応を意識しましょう。

しろ
しろ

安全を意識することは、マナーにもつながります。
帰りの時間を守れなかったり、危ないことばかりするような子が遊びに来たら、ものすごい疲れますもんね。

小学生が守るべき5つの具体的なマナー

小学生が守るべき5つの具体的なマナー
  • 挨拶をする
  • 靴をそろえる
  • 相手の家のルールに従う
  • 片付けをする
  • 帰る時間を守る

最低限教えておいた方が良いマナーを5つ挙げました。

当たり前のことから、「細かいな」と思われるようなことまであるかと思います。
でも、小学校低学年の子ができることって少ないんです。
なので、細かいと思うけど小学校低学年でも出来ることを挙げています。

1.挨拶をする

大事なことですが、意外にできないのが挨拶です。

大事な挨拶7フレーズ
  1. こんにちは
  2. お邪魔します
  3. いただきます
  4. ごちそうさまでした
  5. ありがとう
  6. ごめんなさい
  7. お邪魔しました

最低でもこのくらいは言えるようにしましょう。
敬語でなくても全然構いません。

恥ずかしがり屋でお話が苦手でも、ひとりで遊びに来てる限り最低限の意思表示は必要です。
相手のお母さんも無言では困ってしまいます。

逆に少しやんちゃでも、挨拶がきちんとできると「しっかりしたご家庭なんだな」と悪いイメージにはなりません。

また、挨拶自分に責任を持つ・相手に感謝するという意味もあります。
ジュースをこぼしたら「ごめんなさい」と、自分が失敗したことを認めます。
何かしてもらったら「ありがとう」と、相手に感謝を伝えます。
小学生になり今後さらに行動範囲も広がっていきます。
今のうちにしっかり挨拶の練習をして、人としての基礎を築いていきましょう。

しろ
しろ

子どもの性格により挨拶が苦手な子もいます。
でも練習しなければ、いつまでも出来ません。
小さいからと許されるうちにいっぱい練習しておきましょう。

2.靴を揃える

小学生の子どもって、大勢で遊ぶんです。
みんな仲良しで素敵なことなんですけど、玄関はたくさんの靴でぎゅうぎゅうになります。

すごく小さいことですが、玄関でちゃんと靴を揃えてくれるのはありがたいです。
揃えられないとダメというよりは、なかなか揃えられる子がいない中できちんとできてることに感心します。
小学生でも簡単にできることなので、教えておいて損はありません。

小さなことですが、きれいに使おうとする意識は大切です。

3.相手の家のルールに従う

それぞれの家庭にはルールがあり、それは千差万別です。
自分の家では大丈夫なことも、相手の家では禁止していることがあります。
注意されたら、すぐにやめるようにしましょう。

もう一つ注意が必要なのは、お邪魔してるお家の子がいうルールも守るようにしましょう。
理不尽なことやおかしいことに従うことはありませんが、お邪魔させてもらってる側なのに「自分がルール」と威張り散らしている子がいます。
「今、遊ばせてもらっているのは誰の家なのか」「誰のおもちゃを借りているのか」という感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

どちらかというと活発でしっかりしてる子の方が、この迷惑を掛けてしまうことが多いです。
「しっかりしてるから大丈夫」と安心せずに、出かける前にひとこと伝えておきましょう。

しろ
しろ

学校ではリーダー的な頼れる存在であったとしても、お邪魔しているときは謙虚であることが大事ですね。

4.片付けをする

遊んだ後の片付けはきちんとしたいですね。
夕方の忙しい時間におもちゃの片付けの仕事が増えてしまうと、相手のお宅に負担です。
使わせていただいたんだから、片付けるのは当たり前のことですね。

時間がなく、相手が気を使って「片付けるから早く帰りな~」と心配してくれる場合には、「ごめんなさい。おねがいします」と自分から言えると良いですね。

しろ
しろ

我が家にもお友達が遊びに来ますが、低学年のうちは時間になると片付けずに帰ってしまうことが多かったです。
うちの子が片付けをするのですが、大勢で遊ぶので量が多く大変でした。
少しでも片付けをしてくれると、子どもの心のモヤモヤも減るようです。

5.帰る時間を守る

帰る時間を必ず子どもと約束しておきましょう。
昔からと同じ17:00を基準としているお家が多いです。

一つの例として我が家の帰宅時間ですが、

  • 4~9月 17:00
  • 10~3月 16:30

にしています。
冬季は暗くなるのが早いため、この時間に帰るお友達が多いです。

相手のお宅にも習い事や夕飯の準備などの都合があります。
また、時間が遅くなると暗くなり、安全面でも危険です。
帰宅時間はきちんと決め、守らせるようにしましょう。

以前、我が家に遊びに来たお友達が「18:00まで大丈夫」と言うのでそれを信じて家で遊ばせていたら、相手方のお母さんから「子どもが帰って来ない」と慌てた電話があり、トラブルになりかけました。
それ以来、「うちで遊ぶのは17:00まで」と遊びに来たお友達にも言い聞かせてます。

子どもは自分の都合の良いように言ってしまうことがあります。
相手方にご迷惑を掛けないためにも帰宅時間は守らせましょう

しろ
しろ

時間を守る&守らせることは最重要事項です。
小さい頃から時間を意識させたいですね。

小学生がお友達の家に遊びに行くときのマナーまとめ

小学生が守るべき5つの具体的なマナーまとめ
  • 挨拶は基本 できないではなく練習しよう
  • 小学生であっても靴を揃えるくらいは気遣おう
  • 相手の家のルールに従おう
  • 少しでも片付けをする意識を持たせよう
  • 帰る時間を守るのは最重要事項

マナーを守ることは、相手と信頼関係を結ぶことにつながります。

こどもに「全て完璧にさせなきゃ」と身構える必要はありませんが、「どうせ子どもだから教えたってムダ」と思うのは危険です。
学ぶことから逃げたら成長しません。

子どもは、少しづつ社会と関わって経験を増やしていきます。
一人でお友達のお家に遊びに行くというのも立派な社会経験の一つです。
小さいうちからたくさん経験をして、時には失敗もして、大きくなっていきましょう。

この記事が、育児の疑問に少しでも役に立てたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました