初めてのおうちバーベキュー|1アイテムと簡単メニューで大盛り上がり

家族の遊び

大人から子どもまで楽しめるバーベキューを自宅でしてみませんか

天候に左右されることなく、気軽にできるおうちバーベキューはおすすめです。

こちらでは、初めての方に向けた簡単に楽しむおうちバーベキューの方法をまとめました。

道具の準備・簡単メニュー・気軽にできる工夫までご紹介します。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

しろ
しろ

我が家は小学生2人がいる4人家族です。

月に2回はおうちバーベキューをしています。

私がたどりついた「めんどくさくないおうちバーベキュー」をご紹介していきます。

おうちバーベキュー準備編

道具の準備

ただの鉄板焼きに成り下がらないように、たった一つだけ用意しましょう。

1.バーベキューコンロ

大事なのは、焼く道具です。

焼肉=ホットプレートのご家庭が多いと思いますが、

網焼きに挑戦してみませんか?

網焼きの遠火で焼いたお肉は、余分な脂が落ちて、うまみだけが残ります。

お野菜もじっくり火が通るので、甘さが際立ちます。

これはホットプレートだとなかなか味わえません。

バーベキューコンロといっても、火が簡単につけられるものがおすすめです。

我が家はジュージューボーイというお手頃価格のバーベキューコンロを使っています。

ジュージューボーイ かなり使っているので年季が入っています

3年前に5,000円くらいで購入しました。

燃料はカセットボンベで、大人2人、子ども2人までの大きさです。

他のアウトドアブランドより安価ですが、火の強さも使い勝手も十分です。

「炭で焼くと美味しい」のは確かですが、準備・火起こし・後片付けの手間を考えると、気軽に使えません。

そういった意味でも、カセットボンベで火がつくジュージューボーイはちょうど良いです。

ジュージューボーイについてはこちらの記事にまとめてあります。

2.その他道具

あとは家にある調理器具でどうにかなります。

菜箸、トングなどを使って焼くだけです。

もしあれば、お皿は仕切りがあるプレートが便利です。

小さいところにタレを入れれば余分につきません。

タレを何種類入れても混ざらないし、キムチなどの副菜を乗せるのにもちょうど良いです。

熱いから冷ましたいときも、タレに浸かりすぎることもありません。

実はこのプレート、パーティーをするときにも大活躍です。

大勢のお客さんが来たときに、小皿だと何枚も必要ですが、このプレートだと1人1枚で済みます。

初めての方向け|おすすめ簡単メニュー

バーベキューで焼ける食材は限られますので、献立のバランスも難しいです。

おうちで手軽に楽しむバーベキューなのだから、上手にラクチンな献立を立てましょう。

満足度の高いラクチン献立
  • 焼肉
  • 焼き野菜
  • サラダ
  • ご飯

「普通だ」と思いましたね?

それが大事です。

バーベキュー自体がイベントなので、まずは純粋にバーベキューを楽しみましょう

焼き肉屋さんのメニューを参考にすると、満足度の高い食事になります。

手を掛け過ぎると大変で楽しめないので、最初は簡単にできるものにしましょうね。

焼肉|お肉の目安量は?

我が家は700gを目安に用意します。

小学生の娘2人で250g+大人2人で450gくらいだと思います。

こだわる人は「焼肉セット」を買えば良いですが、もっと安いお肉でも網焼きなので美味しいです。

薄すぎると網にくっついてしまうので、少し厚めのお肉をおすすめします。

焼き野菜|ひと工夫で激うま

野菜は火が通るように薄く切るだけ、なんてことしていませんか?

それじゃ、いつまでたっても野菜はとりあえずの存在です。

ひと工夫するだけで、全然変わってきますよ。

おすすめ野菜5選
  1. ピーマン 丸のまま。穴をあける
  2. じゃがいも くし切り。レンジで火を通しておく
  3. エリンギ 5mmの厚さに切る
  4. オクラ ガクを取り、穴をあける。
  5. ナス 斜め切り

おうちなので、野菜の下ごしらえも簡単です。

1.野菜にはオリーブオイルを塗る

野菜はオリーブオイルを塗って焼くことをおすすめします。

中がしっとりうまみを閉じ込められるので、網焼きでありがちなカサカサな状態になりません

お皿にオイルを入れて、ハケで塗るのがおすすめです。

100均のシリコンのハケなら、洗うのも楽

2.ピーマンは切るな!

覚えておいてください。

ピーマンは切らない方が美味しいです。

種もそのまま、丸ごと焼いてください。

ただ、破裂を防ぐために3~4か所穴をあけておきましょう。

焼くときにオリーブオイルを塗るのを忘れずにしてくださいね。

3.電子レンジを駆使

せっかく家なのだから、使えるものは使いましょう。

じゃがいもなど火が通りにくいものは、レンジで火を通しておくと失敗しません。

網も大きくないので時短になります。

4.弱火でじっくり焼く

肉にも言えることですが、バーベキューというと何でも強火で焼こうとしていませんか?

野菜は遠めの火加減でじっくり焼きましょう。

焦げ付かず、子どもも美味しく食べてくれますよ。

しろ
しろ

以上が焼き野菜の極意です!

野菜は、オリーブオイルが命。

ぐんとおいしくなりますよ。

サラダ|野菜は焼かなくてもいいんです

つまんで食べれる気軽さスティックサラダ

バーベキューとなると、何でも焼かなきゃならない気持ちになりますが、目を覚ましましょう。

味がしっかりついた焼肉のタレと相性が良いのは、サラダです。

しかも味が薄いさっぱりとした。

スティックサラダにすると、気軽につまめるのでおすすめです。

きゅうりは万人受けしますし、大根ニンジンも彩り豊かですね。

焼肉の合間に子どももパクパクつまみますよ。

ご飯|おうちなら白飯で決まり

バーベキュー=焼きそばと思いますが、家で作ったらただのお昼ご飯の焼きそばに成り下がります。

なので、白米を炊きましょう。

外のバーベキューでは味わえない、炊き立てのご飯とお肉のハーモニーを楽しみましょう。

副菜|+αにも手はかけない

キムチやお漬物、冷ややっこ、枝豆なんかも合いそうですね。

事前準備できる(できれば出すだけで食べられる)ものを少量にしましょうね。

メインはバーベキューなので。

おうちバーベキューの裏技

バーベキューの一番の悩みはやっぱり煙と臭い

おうちでのバーベキューをためらっている人は、油汚れや臭いを気にされているのだと思います。

確かにツルツルの油まみれの床と、次の日まで染みつく臭いには困ってしまいますよね。

我が家なりに解決策を見つけました。

換気扇の下で焼くことです。

風情がないのは百も承知です。

でも、この方法を編み出したおかげで気軽におうちバーベキューができるようになりました。

最近のお宅はIHコンロが多いと思います。

コンロの火が絶対かないようにロックをかけて、その上にバーベキューコンロを置いています。

真上の換気扇がフル回転で吸ってくれるので、部屋に臭いが広がりません。

大人だけのバーベキューの場合は焼きながら食べたいですが、子どもがいる場合どうでしょう?

網で焼いたお肉をお皿によそってから渡しませんか?

それと同じです。

火を囲む必要がないので、子どもが小さいうちは特に安全です。

しろ
しろ

おうちイベントをしたいのに実行できないのは、「準備や片付けがめんどくさいから」ということが多いです。

本格的でなくても良いから、気軽にトライしてみませんか?

初めてのおうちバーベキュー|まとめ

初めておうちバーベキューをしようと思ってる人に、

少しの手間で楽しくする方法をお話しました。

特に
  • カセット式の網焼きコンロを使う
  • 野菜にはオリーブオイルを塗る
  • 換気扇の下で行う

おうちバーベキューを盛り上げるテクなので、ぜひ実践してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました